東京都立多磨霊園

ウルトラセブン「ひとりぼっちの地球人」には、ソガ隊員の婚約者ナンブサエコとイチノミヤを乗せた自動車が暴走する場面があります。その暴走した車はついにはある墓地内の木に衝突してしまうのですが、その墓地は都立多磨霊園だと思われます。

壁墓地通りの桜並木(22区1種72側 付近) 2001年撮影 壁墓地通りの桜並木(22区1種72側 付近) 2010年撮影
2001年1月
写真1
2010年5月
写真2

暴走する車は大学を出た後まずちょうど上の写真1のような並木道を走ります。写真1は多磨霊園内の南北方向に伸びる 壁墓地通り の桜並木を南を向いて撮影したものです。正確な場所は 壁墓地通り の 22区1種72側 です。この霊園にはこのような自動車が楽々通れるほどの道が東西方向と南北方向に碁盤の目のように走っています。また、この霊園ではお墓の位置を区・種・側で表します。

ウルトラセブン「ひとりぼっちの地球人」開始後 7分44秒(オープニングタイトルを含めた時間)の映像と写真1とを比較すると、4つ角周辺の桜の木の伸び方がよく似ています。ですから、ナンブサエコの車はまさにこの位置を走ったのではないでしょうか。ただし、その場面は映像が上下に激しく揺れるので、DVDやLDで1コマずつ見ていかないと比較は難しいかもしれません。

しかしその桜の木に寿命が来つつあるようです。2001年に撮影した写真1と同じ場所を、2010年に撮ったのが写真2です。2001年当時にはまだあった桜の木が、2010年には1本なくなっていました。さらに、その向かいの木はかなり傾いてしまいました。

せんげんやま通りの並木
2001年1月
写真3

次に車は別の並木道を走り、途中で左折したあと道の真ん中に植わっている木に衝突します。その並木道はちょうど写真3のような道です。この写真は霊園内の せんげんやま通り で写真左中央にある白いものが24区1種32側の標識です。そしてその標識のところを左折すると 24区1種34側 の南側にでます。

24区1種34側の標識
2001年1月
写真4

実は左折した車が木に衝突する前に一瞬「24区1種○4側」と書かれた標識が写ります。○の部分は生垣の葉に隠れてはっきりとは読み取れません。私の調べたところ、多磨霊園の24区1種○4側のうち、ウルトラセブンのビデオ映像によく符合するのは 24区1種34側 の南側でした。写真4がその標識です。写真奥が北そして手前が南になるので、天気のよい日の午後にはウルトラセブンのビデオ映像と同じような陽のあたり方になります。さらに標識の後ろにある墓石を囲む石の形もよく符合します。

残念ながら車が衝突した木は見つけられませんでした。また車が木に衝突した直後イチノミヤとナンブサエコが話し合った場所は特定できませんでした。しかし並木道の様子、墓地内の位置の表示の仕方そして標識周辺の様子が一致することから、多磨霊園はウルトラセブン「ひとりぼっちの地球人」のロケ地だと思われます。