学習院大学

ウルトラセブン「ひとりぼっちの地球人」では、学習院大学と早稲田大学が京南大学として登場します。早稲田大学は1カットだけしか使われておらず、京南大学として主に使われたのはここで紹介する学習院大学です。

中央教室
写真1
1999年8月

写真1のピラミッド上の建物は、セブンにも登場した学習院大学の中央教室です。 当時と比べるとピラミッドの表面がきれいになっています。


写真2
2003年11月
北1号館屋上
写真3
雑誌「建築文化」1960年10月号P18より引用

写真2はピラミッドの北側にある北1号館です。セブン「ひとりぼっちの地球人」ラストの屋上はこの建物のものだと思われます。かつてこの屋上には、ビデオ映像に写っているのと同形のベンチがありました(写真3)。

北1号館の3階
写真4
1999年8月
北1号館の3階からの眺め
写真5
1999年9月

写真4は北1号館の3階、そして写真5はそこからの眺めです。ソガとその婚約者が立っていたのはおそらくここでしょう。

追記(2008年9月15日):

中央教室見学会
写真6
2008年1月

中央教室の取り壊し前に、2008年1月13日、中央教室見学会が開催されました(写真6)。建物の周りでは、中央教室に向かってカメラを構えた人が大勢いました。

中京室内でのセブン上映会前の様子1 中京室内でのセブン上映会前の様子2
写真7
2008年1月
写真8
2008年1月

1月の見学会では、教室内でウルトラセブン「ひとりぼっちの地球人」が上映されました。写真7と写真8は上映会前の様子です。写真にはそれほど人が写っていませんが、上映開始直前には教室がいっぱいになるほど多くの人が集まりました。

2008年9月13日には、学習院大学で第57回史料館講座「中央教室の思い出」が開催されました。このときにもセブン「ひとりぼっちの地球人」の上映がありました。

1月と9月の両方の上映会で、満田監督が当時の思い出を語ってくださいました。それらを簡単にまとめると次のようになります。

中央教室跡地の様子(地上から) 中央教室跡地の様子(北1号館3階から)
写真9
2008年9月
写真10
2008年9月

ちなみに、写真9と写真10は、2008年9月の中央教室跡地の様子です。写真10は、写真5と同様、北1号館3階から撮りました。建物はなくなり、堀も埋められていました。文献[2]によると2008年3月の下旬から5月の末にかけて、解体されたようです。今後、この場所に教育研究棟が建つそうです。

追記(2008年10月3日):学習院大学で行われたウルトラセブン上映会のビデオ映像を2つ紹介します。満田監督が当時の思い出を語っています。

はじめのは、2008年1月13日に行われた上映会の様子です。

次のは、2008年9月13日に行われた上映会の様子です。